薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

青汁の比較|おすすめの商品は?

一番おすすめの青汁はどれかと、必死に調べてみました。

結論から言うと、「これがおすすめ!」と言い切れる商品は見つけられませんでした。


ではどの青汁を選べばよいのでしょうか?

個人的な解釈を紹介します。

現在青汁を飲んでいる方、これから飲もうとしている方、家族が青汁を飲んでいる方、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


青汁販売の現状

青汁のような「なんとなく健康に良さそうなサプリ」の選び方はとても難しいです。

インターネットでは紹介料が高い商品がおすすめされ、

ドラッグストアや薬局では企業の推奨品をおすすめされ、

テレビや雑誌では自社ブランドを勧められ、

そんな傾向がある気がします。


しかしながら「なんとなく健康に良さそうな健康食品」なので、「なんとなく健康に良さそうな商品」を選んで良いのではないかと感じています。

今飲んでいる青汁が「なんとなく効いてそう」なら、続けて頂いて問題ありません。

ビビっとくる商品がまだない方や、違う青汁を試そうとしている方は、下記を参考にして下さい。

健康食品選びのポイント

大手メーカーである。

健康食品は医薬品のように中身が保障されていないので、大手メーカーの商品をおすすめします。

多くの人が飲んでいるため、副作用の心配が少ないのも安心な点です。

副作用の報告が無い(少ない)商品を

青汁なら副作用の心配が無いだろうと思っている方も多いかもしれません。

過去にはこのような例があります。

www.sankei.com


基本的に安全な健康食品ですが、過剰摂取は避けましょう。


また、薬と飲み合わせが悪い場合があるので、下記の方は一度薬局やドラッグストアで相談してから購入して下さい。

  • 服用中の医薬品がある方
  • 高齢者
  • 子供
  • 妊婦

 

料金が高すぎない

原材料や原産地によりコストが変わるため、販売価格に差があって当然です。

しかし、高額である根拠が不明な商品もあります。

妥当だと感じる金額の青汁を選びましょう。

効きそうな気がする商品を

そんな曖昧なことで決めていいの?と思われるかもしれませんが、プラセボ効果と言って「効きそう」と思っていると実際に効果が高まることがあります。

「健康食品は効きそうな気がする商品を選んだ方が良い」というのが私の持論です。

上記した注意点に気をつけていれば、「コレだ!」と感じた商品を選んで問題ありません。

青汁の選び方

原材料で選ぶ

青汁の原材料は主に3種類です。

  • 大麦若葉
  • ケール
  • 明日葉

調べてみましたが明確にどれが一番おすすめかは判断できませんでした。

好みや味で選んで問題ないと思われます。

原産地で選ぶ

例えばビタミンC等の成分は工場で作られるため、原産地は無関係です。

しかし青汁のような植物の原末を利用する場合は、原産地が比較の対象になります。


但し、外国産よりも国産の方が品質的に優れているとは限りません。

そもそも、本当に国産かどうかを調べるのはとても困難です。

しっかりした管理体制のもとに外国で製造された青汁の方が安全、というケースがあるかもしれません。


国産や原材料にこだわるなら、サプリでは無く直接野菜を摂取することを推奨します。
 

私がおすすめしない青汁

個人的におすすめしない青汁の紹介です。

ダイエット等を示唆する青汁

私はダイエットのための青汁摂取はおすすめしません。

別の方法を試した方が良いと思います。


下記のような効能・効果を示唆する広告について、過度な期待は避けましょう。

  • メタボ改善
  • 男性機能の回復
  • 子供の免疫力を高める

 

トクホの青汁

特定保健用食品(トクホ)の届出をしている商品は、割高になる事が多いためおすすめしていません。

トクホをブランド力として利用している商品が多いと感じているためです。

おすすめの商品は?

私がおすすめできそうだと感じた商品を紹介しますが、上記した注意点を考慮すればどの青汁を選んでも問題ないと思われます。

山本漢方の大麦若葉

山本漢方 大麦若葉

当薬局で販売していて、私もたまに飲んでいる青汁です。

味は抹茶のようで飲みやすい方ですが、好きな味ではありません。(基本的に、原末なのでどの商品も美味しくは無いです)

原産地は中国で、工場は自社で管理しているそうです。

※トクホでは無い、普通の商品の方で良いと思います。

国産の青汁

中国産は心配、という方は国産の商品を探すかもしれません。

下記のような大手の商品があります。


ヤクルト 青汁のめぐり

 

やずやの青汁

 

製薬会社の青汁

製薬会社でも青汁を販売している会社があり、製造過程や管理の安心感があります。

 

まとめ

青汁はどれを飲んでも大して変わらないと考えています。

注意点を考慮した上で、美味しいと感じる商品や、効きそうだと感じる商品を選びましょう。

もし、迷うことがあれば薬剤師・登録販売者に相談してみて下さい。

近所の薬局やドラッグストアで相談しやすい人を見つけておくと、日頃の健康管理やいざという時に便利です。