薬剤師よっしーのブログ

業界の裏話や最新ニュース、おすすめ情報、子育て、雑談などなど。ほぼ毎日更新中!!

ジェネリック医薬品は絶対に嫌だという患者さん

はじめに

<一般の方へ>

当記事は薬剤師・薬学生を対象としており、ジェネリック医薬品を批評するものではございません。
ジェネリック医薬品に関する相談は、最も信頼できる(いない場合は最も近所の薬局の)薬剤師さんにお尋ね下さい。

f:id:yossy_ph:20170419181208j:plain

後発品は嫌だという患者さん

調剤に従事する薬剤師であれば誰でも、

「ジェネリックは絶対嫌だ。先発品にして下さい!」

と言う患者さんと遭遇したことがあるのではないでしょうか?

オーソライズドジェネリックも増えてきてますし、先発品よりも製剤的に優れた後発品も増えてきました。

薬局側としては、数ある後発品の中から生物学的同等性はもちろんのこと、添加物や剤形、流通、プロ数等、安全性を考慮して選択しており、後発品割合医療費削減のために是非とも使用して欲しいと考えているのではないでしょうか。

私は基本的に後発品を強く勧めることはありませんが、

「どうして後発品を目の敵にするのか」

「どう説明したら理解してもらえるのか」

と、もやもやしておりました。


しかし、ある出来事をきっかけに、考え方が変わりました。

先入観で薬は飲めなくなる


私自身が体験しました。

たまに服用していた薬の原材料が髪の毛であるとの噂を聞いたのです。
(先発品か後発品かは関係ありません)

私も薬剤師のはしくれですので、原材料に髪の毛が使われているからといって健康被害が無いことは分かっております。

毛髪の成分の○○だけを抽出しているのでしょうし、そんなこと言ってたら飲めない薬が沢山でてきてしまうでしょう。


でも飲めないのです。


牛の舌を見ても牛タン大好きですし、ミント味を歯磨き粉のように感じることも無く、
そういう部分で繊細だと思ったことはございません。


でも飲めないのです。


これは完全に私の偏見です。


偏見を覆すのは難しい


患者さんがなぜ後発品を絶対嫌だと言うのか、よく分からないことがあります。

でもそれは、医療従事者からの偏った情報や、ネットからの偏った情報等により、偏見を持ってしまったのかもしれません。

私は自分自身の体験を通して、偏見を肯定的に考えることができました。

だって飲みたくないのですから(笑)

でも抗癌剤で飲まなきゃいけないとなったら飲みます。

その程度の偏見です。



最後までお読みいただきありがとうございました。

ちなみに私は医療用医薬品はジェネリックを、一般用医薬品はPBを選ぶ節約派の医療従事者でございます。