薬剤師よっしーのブログ

業界の裏話や最新ニュース、おすすめ情報、子育て、雑談などなど。ほぼ毎日更新中!!

【雑談】みずしま薬局の処分は10日間の業務停止でいいのん?

神奈川県小田原市のみずしま薬局が約1か月薬剤師不在の状況で16日間にわたり37枚の処方箋を受付、調剤し、薬剤の販売授与等を行っていたとのこと。

開設者本人から保健福祉事務所に薬剤師不在で調剤を行った旨を連絡し、その後に申し出を覆し、違法行為をしていないと主張したという訳のわからない状況です。

薬局の業務停止処分及び登録販売者の販売従事登録の消除処分について - 神奈川県ホームページ


通常は薬剤師を確保してから開局すると思うのですが、薬剤師の確保がうまくいかなかったのかもしれません。
(ネットに残っている求人の履歴を確認しましたが、事実か不明だったため割愛します。)

日経DIに載っていた休業の張り紙も凄かったですし、突っ込みどころは満載な気がします。
小田原の薬局、薬剤師不在の調剤で業務停止http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/trend/201707/552097.html


この薬剤師不在調剤の処分が10日間の業務停止と、登録販売者の販売従事登録の削除とのことです。


医師でない人が医師のふりをしたり、弁護士でない人が弁護士のふりをしたり、そのような不正が起きることはあると思うのですが、処分が10日間の業務停止というのは解せません。


薬機法にのっとっての結果だとは思うのですが、10日後からまた営業を再開していいのでしょうか。


通常のケースとして考えると、


開設者が薬剤師でなく、一人薬剤師の管理薬剤師がなんらかの理由で出勤しなくなった場合(この状況が起きる時点でやばいですが)、新たな薬剤師が見つかるまでの対応は、派遣薬剤師を利用するか、一時閉店するかだと思います。


第3の選択肢として、10日間の営業停止のリスクをとって、薬剤師不在で調剤しようとする悪い人がでてこないか心配です。


普通に考えてありえない不正ですが、ごく一部にありえない人たちはいるかもしれないので、やはり10日間の営業停止は解せません。



最後に神奈川県のHPから、気になる部分を引用します。

なお、現在までに、本件に起因する健康被害は、確認されておりません。


むむむ、、、これはブーメランなのでしょうか。。。