薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

かかりつけ薬剤師とは?【料金やメリットを解説】変更・やめたい時はどうすればいい?

平成28年4月から始まった「かかりつけ薬剤師」制度を知っていますか?
一言で言うと「薬剤師の指名制度」です。

薬局では薬歴(病院で言うカルテのようなもの)やお薬手帳で患者さんの情報を共有していますが、一人の薬剤師が担当することで安全性が向上し、医療費の適正化に繋がると言われています。*1

このかかりつけ薬剤師制度について解説します。

スポンサーリンク


 

デメリットは料金だけ

通常、薬の説明を受ける場合、薬剤服用歴管理指導料(38点or50点)が算定されることが多いはずです。
この点数がかかりつけ薬剤師指導料(70点)になるため、3割負担の人で60円~100円程度、自己負担が高くなります。

※同意書にサインをした次の利用から算定されます。
※かかりつけ薬剤師以外から薬の説明を受けた場合は、かかりつけ薬剤師指導料は算定されません。

主なメリットは24時間電話対応

実は、かかりつけ薬剤師が実施する業務の多くは、通常の業務と一緒です。
一部を紹介します。

  • 他の医療機関・薬の把握
  • 調剤後の状況や指導内容を医師に情報提供
  • 必要に応じて服用薬を整理

これらの業務はかかりつけ薬剤師でなくても対応しているはずですが、対応していない薬局もあったため制度ができた背景もあります。

  • 24時間相談に応じる体制をとり、時間外の連絡先を伝え、勤務表を交付してもらえます。

かかりつけ薬剤師は夜間や休日等の薬局が開いていない時間でも、電話での相談に対応してくれます。


かかりつけ薬剤師は誰でもなれる?

かかりつけ薬剤師は、基準を満たし、厚生局に届出をしている薬剤師しかなれません。

かかりつけ薬剤師の要件

  • 3年以上の薬局経験、当該薬局への6ヶ月以上在籍
  • 週32時間以上の勤務
  • 研修認定を取得している(eラーニングでクリックするだけでも取れる認定)
  • 地域活動の取り組みに参画している(休日当番を1回やっただけで認められる地域もあり)

現在、かかりつけ薬剤師制度に積極的な薬局と、消極的な薬局があるようなので、詳細は各薬局利用時に確認するのがいいかもしれません。

かかりつけ薬剤師を変更・やめたい時は?

変更は月単位でできます。

変更する場合は連絡するよう説明を受けているはずです。

かかりつけ薬剤師をやめる時の制度は特に決まっていませんが、薬局に申し出ることで中止できるはずです。

変更するのは「言い難い」と感じるかもしれませんが、引越し等の場合を想定して、厚労省で解釈が示されているので特に問題ありません。

かかりつけ薬剤師は必要?

かかりつけ薬剤師制度はまだ新しい制度であり、今後どうなるか不透明な部分があります。

かかりつけ薬剤師に登録しなくても、同様のサービスが受けられる薬局もあります。

会社のノルマがあるため、積極的に登録を求める薬局があるとの噂も耳にします。

ネットで調べると肯定的な意見と否定的な意見とどちらもヒットするのではないでしょうか。


病気や介護は急に訪れることがあります。

そんなときに、薬や病気の事を気軽に相談できる薬剤師がいると便利です。


かかりつけ薬剤師に登録するかは別として、今のうちに信頼できる薬剤師を見つけておいてはいかがでしょうか?


個人的には、薬剤師に薦められるのではなく、かかりつけになって欲しい薬剤師を見つけて頂くのが一番だと考えています。

*1:第36回健康・医療ワーキング・グループ厚生労働省提出資料よりhttp://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/wg3/kenko/150521/item1.pdf