薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

【雑談】食品配達とおすそ分けアプリ

高齢者向けの宅配弁当を立ち上げられないかと半年くらい前に思い立ち、ざっくり事業計画を作っていたのですが、諦めたというどうでもいい話です。


これから独居の人がどんどん増えてきて、認知機能が低下しても家族からの支援が無い人が増えてくると思います。

そこで、そのような方たちに朝の食事と、朝の薬を薬剤師がセットするようなビジネスが成り立たないかな?というところから始まりました。

ざっくり言うと、
仕入はリタイアした人たちのバイト、作るのは主婦のパート、配達するのは薬剤師の副業。

近隣の薬局調べたら9時開店のところが結構あって、薬剤師が30分~1時間くらい早めに出勤してもらって、弁当を患者さん宅に届ける。

そこで一声掛けて、朝食と薬をセットする。

今いろんな企業が配食サービスに乗り出しているけど、包括支援センターと連携して、地域のちょっと美味しくて顔が見える、朝食と朝の薬のコンプライアンス上がるからすごく安心。

こんな感じです。


でも採算が合いませんでした・・・

弁当を作るコストと仕入なのかな。そもそも薬剤師が届けないほうがいいのか・・・

もしやるなら薬局がやるよりも、今配食サービスしているところが医療・介護機関と連携してやるのがいいのかもしれません。

また気が向いたら事業計画を練り直してみようと思います。

お裾分け

食品って扱いが難しいけど、うちの地域では昔みたいなお裾分けって無くなっていて、お裾分けってすごくいいシステムなのに残念です。

食事を作る労働資源が余っている家が、近所の困っている人の食事も余分に作ってあげればいいだけなので、Uberみたいなシステムでお裾分けアプリが機能したら面白いなって思っています。

自分で食事を作るのが大変になった高齢者の、すぐ近所の家で食品ロスがでているわけで、うまいこと分配できたらいいと思いませんか?

食事を作るキッチンも食事を作れる人もこんなに沢山いるのに、勿体無いなと感じます。


いつか「食」に関わることをやってみたいのですが、なかなか難しいですね。


「飲」は大好きなのですが・・・(笑)



最後までお読み頂きありがとうございました。

ちなみに妻のコロッケは美味しいのですが、最近揚げ物が辛いので私だけコロッケの日は納豆を食べております・・・