薬剤師よっしーのブログ

業界の裏話や最新ニュース、おすすめ情報、子育て、雑談などなど。ほぼ毎日更新中!!

薬剤師の年収・給料公開【ドラッグストア→個人調剤薬局勤務のYさん】

薬剤師の年収も検索できる便利な時代になりましたが、最近は検索の上位にヒットするサイトの誤情報が多い気がします。

 

ドラッグストアで10年勤務した後、個人の調剤薬局に転職したYさんの年収の推移と、人事関係の仕事をしていた事もあり、業界の金銭事情についての私見をお伝えします。

 

f:id:yossy_ph:20170414165846j:image

Yさんの年収の推移

  • 中小規模DgS新入社員 年収400万弱(新卒)
  • 中小規模DgS退職時  年収500万弱
  • 大手DgS転職時    年収500万弱
  • 大手DgS退職時    年収800万強(30歳)
  • 小規模門前薬局転職時  年収500万強
  • 現在 年収600万

  

2回転職していますが、金銭的な理由で転職したことはなく、 

もともとやりたいことがあって、挫折して、次またやりたいことを見つけて転職。

ざっくりこんな感じだそうです。

 

薬剤師の給料は上がらない?

 よく薬剤師の給料は上がらないと言われますが、上がらない人は上がらないっていう、当然のことなのかと思います。

 

そもそも仕事してない人の給料ぐいぐい上がってったら困るのではないでしょうか。

 

会社によって違いますが、

普通に頑張っていれば(平均ではない)

個人薬局で500万、

大手調剤薬局で600万、

大手DgSで700万くらいが相場ではないでしょうか。

(会社によって50万円程度変わる印象)

 

特に頑張って無くても上記からマイナス100万したくらいの年収になるのが、今の薬剤師のメリットであり、デメリットだと思います。

 

普通以上に結果を出せば個人薬局の次のステップは役員でしょうし、大手ではさらに上の管理職や教育系・DI系になるので給料も上がるでしょう。

 

都市部は給料が安い? 

先日、東京の管理薬剤師の求人が500万円を切ってきたとの噂を聞きましたが、

都市部で給料が安いのは、基本的に中小薬局の話だと思います。

大手ではベースは変わらず、地方に手当てが付いたり、異動できる範囲で手当てが付いたりするところが多いです。

 

年収1000万の薬剤師になるには? 

 

上記のような文言を見かけることがありますが、薬剤師としてというよりも、大手の部長職以上か、自分で開業する以外に私は思いつきません。

(小さい薬局で開設者が年収1000万はかなりやばい社長だと思います)

 

※あくまでも平成29年現在の、個人的な感想です。

 

まとめ 

 

今回は収入だけの視点なので諸々の事情は割愛していますが、薬剤師の収入は恵まれているほうだと私は思います。

 

給料が100万増えても、増えるとそれが当たり前になって、もっと貰ってもいいじゃないかと勘違いするものだと思います。

 

正直、年収300万円下がった時は多少生活変わりましが、やりたいことやってたほうが楽しいです。

 

やりたいことないならとりあえず大手ってのはありだと思いますが。


【関連記事】

www.yossy-ph.com

 

www.yossy-ph.com