薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

二日酔い雑談|薬局4.0・調剤報酬改定・将来のこととか

安 堵 す る

経 営 者 と の

温 度 差 よ


お疲れ様です。

特に気になる薬局系ニュースも無く、ブログで何を書くか迷っていたのですが、適当に雑談することにしました。

開設者との居酒屋会議(ただの飲み会)に纏わる話のため、有益な情報は何一つありませんので悪しからず。

【PR】薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ
 

薬局4.0

薬剤師が地域医療に関わり、その先の4.0はどんな薬局なのでしょうか?


4月からオンライン診療料が始まり、2020年に医療情報ネットワークが本格稼働して、電子処方箋が普及する。

私は全然イメージが湧きません…


「4次元になる」とか、「0.0になる」とか、ただの酔っ払いのおっさん2人の話し合いでした。

改定について

当社の場合は、点数の影響は少ないが薬価の影響は大きいという意見で一致。

集中率85%は立地的に厳しいケースもあり、集中率100%で徹底した効率化と積極的な加算の算定を狙う薬局もでてきそう。

それと、

薬剤総合評価調整管理料がどの程度算定されていたのか分かりませんが、「服用薬剤調整支援料」や「小児抗菌薬適正使用支援加算」で薬剤費を減らせた場合、今後は生活習慣病やセルフメディケーション領域に拡大するかもねって話も。

社会保障

私は健康保険法の改正とかで高所得者は5割負担とか、皆保険制度崩壊とかあり得ると思っています。

開設者はそんなことは絶対にあり得ないと。

私が無知なのか、世代の違いなのかは分かりません。

財務省がOK出してるのだろうから、今回の改定で問題ないのかもしれない。

でも、私は「日本の将来のため」「未来の子供たちのため」というよりも、もっと利己的な理由で重要な事が決まっている気がしています。

最後に

結局、私には10年後のことは分かりません。

2年後のことも分かりません。

今出来ることをやるしかない。

「先送り改定」だと思っているけれど、2年間の猶予があるとも言える。

小さい会社だから小回りが利くことがあるし、なんとか会社の調剤報酬への依存度を減らしていきたい。


こんな感じです。


以上、ただの雑談でした。


【PR】薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ