薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

【お知らせ】
国が「くすりの規制緩和」に関する意見を募集しています。(1月26日締切)
●応募方法はこちらの記事で紹介しています。

今週の薬局系ニュース|海外の薬剤政策、超スマート医療社会実現コンソーシアム等

お疲れ様です。

私は今週、風邪が長引いていて大変でした。

風邪を引くといつも、開設者や事務さんや妻から「病院に行くように」「薬を飲むように」という圧力を受けます。

みなさんは風邪の時に薬を飲みますか?

私は飲むとしても漢方か去痰薬くらいです。

この話は長くなってしまいそうなので、この辺りで・・・

それでは2017年12月2週の気になったニュースです。

※見解は個人的なものですので、予めご了承下さい。

>>>最新の薬局系ニュースはこちら


スポンサーリンク



 

海外の薬剤政策、地域薬局・薬剤師の役割について

アポネットR研究会さんがまとめてくれておりました。
海外の薬剤政策、地域薬局・薬剤師の役割は(健保連調査)(メモ) | アポネットR研究会・最近の話題

健保連の資料ですが、海外の薬剤政策はかなり興味深い内容です。

医療費抑制に関し、医療従事者・利用者それぞれの努力はもちろん必要ですが、制度改善の必要性を感じます。

ヤマトHDとミナカラの「超スマート医療社会実現コンソーシアム」

第7回医療・介護WGの資料が公開されています。
第7回医療・介護ワーキング・グループ 議事次第 : 規制改革 - 内閣府

資料の一部です。
f:id:yossy_ph:20171207120128p:plain:w350
 
f:id:yossy_ph:20171207120339p:plain:w350
 
今後、職場での服薬指導が可能かどうか検討されるようです。

不可となれば遠隔服薬指導にも影響がでるかもしれません。

このあたりの細かい法整備が、今後の零売ビジネスにも影響する気がします。

それにしても「投薬1分」「薬歴1分」というのはどうなのでしょう。

改定関連

第57回社会保障審議会医療部会

12月6日、資料が公開されています。
医療部会審議会資料 |厚生労働省
 
m3.comの記事より日本医療法人協会会長、加納繁照氏のコメントの一部抜粋

病院薬剤師が集めにくいのが一番の問題。調剤薬局が高級で雇って、全く来てくれない。門前、敷地内薬局と院内が同じことをしていて、なぜ差があるのかが理解できない。かかりつけ薬剤師の役割は誰もが認めるところ。(多重投与のチェックなども)院内の薬剤師もきっちりできる

調剤薬局が減収になり薬局薬剤師の給料が下がっても、病院薬剤師の人員不足や待遇は変わらないのではないでしょうか。

その後、「病棟内薬剤師業務や診療所の院内処方にも調剤財源を充てるべき」という議論になっています。

もっと建設的な議論をして欲しいです。

【参考】
中川日医副会長「調剤財源で院内処方評価を」医療部会-m3.com
 

中医協

6日の中医協の資料です。
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000186981_2.pdf

乖離率は9.1%、後発シェアは65.8%。

乖離率は現行の算定方式以降最大だそうです。

後発やAGの影響でしょうか。

薬価下げに追い討ちを掛ける予感です。

【関連ニュース】
製薬業界 薬価乖離率・約9.1%に驚きと戸惑い 薬価制度改革の先の市場を垣間見た-ミクスOnline
 

8日の中医協の報道によると、かかりつけによる基本料の特例除外が廃止される見込みのようです。誰の意向でできた制度なのか知りませんが、最初から無かったほうがよかったと感じます。

大手チェーン、門前薬局、敷地内薬局、調剤料に関しても議論されており、大筋が見えてきた気がします。


突っ込みどころは多いのですが、もう疲れました。すいません。


【参考記事】
調剤基本料2と3の見直しに異論なし-DIオンライン
「かかりつけ月100回」特例除外、廃止か-DIオンライン
【中医協】今村委員「薬局の調剤料、大胆に是正を」 - 医療介護CBnews
 

最後に

私の場合は、多少きつくても、ある程度ビジョンが持てればやっていける気がしています。

しかし、現在の報道を見る限り「どこから取るか」という内容ばかりで、今後の「適切な医療の仕組み」が見えません。

業界再編はもしかすると人の流れから始まるのかなと、そんなことを考えておりました。


皆様、体調にはくれぐれもご注意下さい。


それでは良い週末を。

>>>過去の薬局系ニュースはこちら