薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

今週の薬局系ニュース|生活保護受給者にかかりつけ薬局、敷地内会営薬局など

お疲れ様です。

先日、久しぶりに他の薬局でかかりつけ薬剤師を登録している患者さんが来局されました。

話を伺うと、制度の仕組みを全く理解していませんでした。

乳幼児なので自己負担が無い方です。

自宅からかなり離れた総合病院の門前薬局がかかりつけという・・・

今の状況のままでは、のちのち大変なことになるのではないかと危惧しています。


それでは2017年12月1週の個人的に気になったニュースです。

※見解は個人的なものですので、予めご了承下さい。

>>>最新の薬局系ニュースはこちら

スポンサーリンク



 

生活保護受給者はかかりつけ薬局を設定へ

大阪と青森のモデルが全国に広がる流れのようです。
生活保護受給者にかかりつけ薬局=副作用防止へ服薬管理一元化-厚労省:時事ドットコム


東大阪市HPにかかりつけ薬局の登録方法が記載されていました。

  • 実施機関は、受給者が選択した薬局を「かかりつけ薬局届出書」に記載させ、かかりつけ薬局として申請されたことを受け登録する。
  • 実施機関は、受給者に対し「かかりつけ薬局確認証」を発行する。
  • 実施機関は、受給者がかかりつけ薬局の変更を希望する場合は、「かかりつけ薬局変更届出書」により申請を受け、充分に内容を確認し必要に応じて、「かかりつけ薬局確認証」の記載事項を変更する。

※実施機関は福祉事務所です。

【参考】
東大阪市生活保護受給者に対するかかりつけ薬局制度要綱(PDF)

冒頭で触れたかかりつけの件もあり、全国に広がると別の問題が発生しないか心配です。

新北九州市立八幡病院の敷地内に会営薬局

毎週敷地内薬局について書いているような気がするのですが、今度は会営薬局です。

新北九州市立八幡病院保険調剤薬局事業予定者の決定について(PDF)

買受価格は約3600万円で、24時間365日院外処方に対応するようです。

会営薬局って誰が働くのでしょう?利益はどこへ?赤字になったらどうなるの?公益社団法人でもある薬剤師会が敷地内薬局を作っていいの?

いろいろと疑問点はあるのですが、敷地内薬局ネタはもう飽きてしまいました。

集中率95%超えは確実だと思うのですが、なぜみんな敷地内薬局を作りたがるのか、理解できません。

改定関連

【財政制度等審議会】
調剤料、後発加算、門前薬局・大手チェーン、新薬創出加算の廃止等について議論されたようです。
集中率や規模で基本料が変わる現状は続きそうな予感です。

※関連ニュース


【中医協】
抗菌剤の適正使用、医科の包括診療等について議論されています。

※関連ニュース
【中医協】地域包括診療料、「24時間対応」などの要件緩和へ - 医療介護CBnews


【諮問会議】
門前薬局、門内薬局の適正化、遠隔診療、薬価などなど。

※参考
平成29年12月1日 経済財政諮問会議 | 平成29年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ
 

調剤薬局の窃盗が急増

www.nikkei.com

調剤薬局の窃盗事件が急増しているようです。

私の勤務している薬局はセキュリティが弱そうですし、売上金も若干保管されています。

立地的には狙われにくそうですが、対策を検討中です。

最近は高額な医薬品も増えてきているので、現金よりも医薬品のほうが怖いかもしれません。

最後に

私事ですが、軽い風邪をひきました。

喉が痛い時の服薬指導はなかなかつらいです。

明日は子供たちとバーベキューをする約束をしているので、今日は早めに寝ます。

皆様、よい週末を。