薬剤師よっしーのブログ

健康食品・サプリや業界の裏話、最新ニュース、バーベキューレシピ、子育て、雑談などなど。

ブログ再開のお知らせ

こんばんは。よっしーです。

前回の休止のお知らせの際には、予想外の人にシェアして頂いたり、コメントを頂き、ありがとうございました。


元来熱中してしまうタイプのため、毎日更新は頑張りすぎたかと思う反面、


ブログを書きたくてうずうず…


書きたい衝動抑えて、健康食品とSEOについてひたすら調べておりました。


健康食品の検索結果は、消費者に誤解を招くサイトが多くあります。

無駄に高額な商品やプラセボ効果が期待できない商品、健康被害の恐れがある商品、

線引きが難しいのですが、「自分が正しいと思っている情報の一部」を検索で情報を得る人たちに伝えることができないか。


休止の間、ずっと個人のブログで何かできないか考えてました。



例えば「妊活」「サプリ」で検索した場合、リスティング広告とアフィ記事が続きます。


「妊活サプリは効果が無い」という記事を書けばいいのでしょうか?

おそらく検索上位にはいきません。

仮に上位にヒットしたとしても、「効かないと思っているけど、気持ちが前向きになれたらいい」等の理由でサプリを購入する人の行動やQOLはどう変わるのでしょうか。


どんな代替案を提供すればいいのか。


「妊活 サプリ」でヒットするように不妊治療の記事を書けば良いのか、安価で安全な妊活サプリをおすすめすればいいのか、



その答えはまだでていません。



エビデンスの扱いにも悩んでいます。

「グルコサミン」の検索上位の「商品を売るために作成されたサイト」では一部のエビデンスだけを載せていて、説得力は高いように感じます。


また、機能性表示食品は、有意差のあるエビデンスが一つでもあれば受理される状況です。

国が効果を認めていると考える消費者も多いのではないでしょうか。


グルコサミンを効果があるものとして紹介するのも、効果が無いものとして紹介するのも違う気がします。

接客では個別の対応ができますが、一つの記事でエビデンスとSEOを考えつつ、どのような情報を伝えるべきなのか。


その答えもまだでていません。



ネットには「正しい情報」に辿り着ける仕組みがあります。

一方、「欲しい情報」がある人に、誤った情報が伝わることがあります。

「欲しい情報」を検索した人に、私が「正しいと思う情報の一部」を、どうすれば伝えられるのか。



再開のきっかけとなったのもこの記事でした。
もしも妻がバストアップサプリを買おうとしていたら【安全性や効果は?】 - 薬剤師よっしーのブログ
 

アナリティクスを見るとわずかに検索にひっかかっていました。

「バストアップ」
「バストアップ 妻」
「バストアップ ブログ」
「バストアップサプリ ブログ」
「おっぱいが大きくなるサプリ」


「バストアップ 妻」は予想外でしたが、もしかしたら誰かに届いているのかもしれません。

「おっぱいが大きくなるサプリ」で180位のこの記事を読んだ人がいます。


検索上位に行かなくても、その一人のために書いてもいいのではないかと感じてきました。


私の書き方の基本は、調べて、書いて、投稿前に何度も校正をいれる。SEO対策はひたすらリライト。


とにかく時間をかけて試行錯誤すること。



休止のお知らせで「ダークアフィリエイター編」と煽る形になってしまいましたが、健康食品や代替案を提供する予定なので、私の中ではダークというかグレイという感覚です。


ツイッターを辞めようと思っていた時期があり、勢いで交流が無かった方のフォローを整理させていただきましたが、他意はございません。

ツイッターの運用は未定ですが、TLが流れて邪魔な方はフォロー外してください。

今までは薬局向けの記事が多かったのですが、今後は主に一般の方向けに試行錯誤してみます。


まずは健康食品のカテゴリで100記事を目標に再開します。


今後とも、よろしくお願いいたします。