薬剤師よっしーのブログ

業界の裏話や最新ニュース、おすすめ情報、子育て、雑談などなど。ほぼ毎日更新中!!

毎日読書をする小学生の長男。子供が読書習慣を身に着けた理由を5つ考えてみました。

f:id:yossy_ph:20170831084241j:plain

我が家の長男はかなりの読書家です。

ちょっと目を離すと本を読んでいます。

気が付いたらとても本好きな少年になっていました。


読書により、知識や語学力、客観性が身に付いています。

ストレス発散も読書です。

うまくいかなかった時、ママに叱られた時、読書スペースで本を読んで精神を安定させています。


なぜ本好きになったのか。

我が家の子育てを振り返ってみました。


【目次】

そもそもインドアな環境

親が本を読んでいると、子供も自然と本を読むようになるそうですが、私は読書もマンガも好きです。

私も妻も子供の前で本を読むことはありませんが、環境による影響はあると思います。

うちの子育ては妻のワンオペだったのと、妻の体調の問題もあり、家の中で遊ぶことが多かったです。

「外で遊ばせたくてもなかなか連れて行ってあげられない」ということで、妻は相当悩んでいたように思います。

家の中にいる時間が長いので、自然と読み聞かせや読書の時間が長くなっていました。

読み聞かせは毎日

絵本の読み聞かせは、妻がほぼ毎日していました。

寝る時に「今日はどの本にする?」という、私からするとそれこそ絵本の中のような光景です。

物心付く前から、読むことが習慣で、楽しいという感覚があるのだと思います。

次男(3歳)にはあまり読み聞かせができませんでしたが、長男(小3)がよく本を読んであげています。

親としては微笑ましい光景です。

読書する兄を見ているからか、次男もわりと本好きです。

本は大量に購入・時間は気にせずに

私自身がそうなのですが、よく中古品をまとめ買いして、読みたい本から読みます。

子供がどんな本を読みたいか分からないので、質より量で買っていました。

自然と好きな本ができて、その本ばかり読むのですが、それでいいと思います。

強制的に読まされる本はつまらなく感じますし、結果的に興味がない本でも数回は読んでいます。

集中している時は、できるだけ時間を気にせず読ませるようにしています。

まずは読みたい本を読んで、習慣を身に付けることが大事ではないでしょうか。

定期購読が楽しみに

毎月届く、ベネッセのこどもちゃれんじベビーは6か月からやっていました。

教育としての効果だけでなく、子供が読書を楽しめるように、DVDやおもちゃ等が本と連動しているのでおすすめです。

バックナンバーも、よく読み返していました。

小学3年生の今でもチャレンジが来るのを楽しみにしています。


さりげなく置いていたドラえもんの本を好きになったので、コロコロコミックも毎月買っていました。

漫画ですが、「あと何日でコロコロ発売日だ!」というワクワクは読書習慣には大切だと思います。

漫画でも言葉や表現力が身に付くので効果がある気がしています。

そこから始まり、好きなシリーズを見つけると、新刊が楽しみなるはずです。

【関連記事】
www.yossy-ph.com

同じ本を読んで共感・意見する

基本的に、子供が読んだ本は私も読みます。

マンガも含めて、全てです。

面白かったら誰かに伝えたくなるので、共感できるために読みます。

「パパ!今月号の○○読んだ?」から始まる会話は、親子のコミニュケーションの中で大きな役割を果たしていると思います。

低学年のうちは漫画が多かったのですが、中学年になると小説や図鑑が多くなってくるので、一緒に読むのも大変になってきました。


さらに最近は、ヒカキンさんの動画等も見なければいけないので、なかなか忙しいです(汗)

読書習慣を身につけるためには

ゲームやYouTubeを見る時間が増えてきて、少しずつ読書の時間は減ってきていますが、今でも習慣として毎日何かを読んでいます。

インドアな長男も最近は、スポーツを楽しむ環境を作ることで、野球や水泳を楽しめるようになってきました。

運動が得意な子には敵いませんが、それでいいと思っています。


本を読まない子供には、

例えば、

夫婦で本の会話をする。

読むことを強制せずに、図書館や本屋さんに行く。

さりげなく本棚を作る。


男の子なら「危険生物50!」のような本は、置いてあればいつか読むはずです。

予め読んでおけば、親子で本を介した会話が生まれます。


本を読まなければいけないものにするのではなく、ちょっとした工夫と、自然に存在させておくことで、読書習慣が身に付くのではないかと思います。