薬剤師よっしーのブログ

業界の裏話や最新ニュース、おすすめ情報、子育て、雑談などなど。ほぼ毎日更新中!!

自分に合った目薬を選んでいますか?

今後、医療用のヒアルロン酸ナトリウム点眼液が市販化される見込みとなりました。

医療用ではそれなりに処方されていますが、市販ではあまり売れないような気がしています。

今日は、私が感じる目薬市場の特殊性についてです。

尚、目の不調がある場合、一度は眼科を受診することをおすすめします。

【目次】

スポンサーリンク



医療用では使われない2つの成分

他にもあるのですが、有名な2つの成分についてです。

l-メントール、dl-カンフル等

清涼感を与える成分です。

市販の目薬をさして気持ちが良いと感じるのはこの成分のためです。

本来の眼のことを考えると不要な成分なので、基本的に医療用の目薬には含まれていません。


通常の眼の状態で点眼するには問題ないと思いますが、

目薬がしみる方、ドライアイの方、用法用量以上に使用している方等は、一度医療従事者に相談することをおすすめします。

血管収縮剤

ナファゾリン、テトラヒドロゾリン、フェニレフリン等です。

広がった血管を収縮させて充血を改善します。

この成分も医療用で使われることはあまりありません。

血管が広がるのは理由ががあり、眼を守るために起きている場合もあります。

通常、充血していない状態で点眼する成分ではありません。

防腐剤

防腐剤フリーの目薬、塩化ベンザルコニウム等を含まない目薬、防腐剤が配合されている目薬等があります。

防腐剤は入っていないほうがいいと思われるかもしれませんが、1回使い捨てのタイプは高コストで点眼も大変です。

それぞれに特徴があるため、目の状態や生活習慣に合わせて選びましょう。

メーカーのプロモーションで売上げが変わる

ちょっと前ですが、ロート製薬がドラゴンクエストとコラボした目薬が話題になりました。

メーカーのホームページでは「会心の一滴」「ほとばしる爽快感」と清涼感が前面にアピールされております。

この目薬にも血管収縮成分が含まれています。(ロートジーbについてです。ややこしいですがロートgコンタクトには含まれていません)


目薬も薬です。


この目薬の説明書には「5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止して相談」するよう書かれています。

そのことを理解した上で使用している人がどの程度いるでしょうか。


また、同ホームページでは「目のかすみ・疲れにベホマ級の回復力」として宣伝されている目薬もありました。
ジー | ロート製薬: 商品情報サイト

HPが全快になるあのベホマです・・・

私は大手メーカーが、ベホマ級の回復力と宣伝して医薬品を販売することに違和感を感じます。


尚、厚生労働省では今後、目薬などの使用感をことさら強調することを禁止する方向で検討されています。
(第16回 医療・介護・保育WGよりhttp://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/iryou/20170622/gijiroku0622.pdf

パッケージの問題

冒頭でお伝えした、今後市販化される予定のヒアルロン酸Naは、効能・効果に「ドライアイ」と表現できない見込みです。

ドライアイは医師の診察が必要な疾患という理由からです。(医師の既得権益の問題もあるのかもしれません)

しかし、今販売されている商品のパッケージにはドライアイと書かれている目薬があります。

添加物としてヒアルロン酸ナトリウムを配合していることを商品紹介やパッケージに表示している目薬があります。

【関連記事】
www.yossy-ph.com

医療用でドライアイに使われているヒアルロン酸が、市販ではドライアイと表示できません。

すでに販売されている目薬はドライアイと表示しているものがあります。

ヒアルロン酸が有効濃度含まれているかと誤解しそうな表現で販売されている商品があります。


利用者はどちらを購入するのでしょうか。

自分に合った目薬を選んでいますか?

眼精疲労や花粉症の目薬を紹介して「おすすめの目薬の選び方」というタイトルの記事を書ければいいのですが、目の症状やライフスタイルで様々あります。

生活習慣、眼の症状、眼科検診の有無、既往歴、コンタクトはハードかソフトか1dayか、成分、添加物、容器の形状など、選択の基準は個人の状況で異なります。


商品のパッケージやメーカーの宣伝に惑わされて商品を購入していませんか?


医薬品を買う時は一度、薬剤師や登録販売者に相談してみることをおすすめします。


まだ先ですが、ヒアルロン酸Naの目薬が市販されたら、今使っている目薬とどちらが自分に合っているかも薬剤師に相談してみて下さい。